ウェディング用語集 や行/「ザ・テラス バイ・ザ・シー」で夢のハワイウェディング

ロイヤルカイラウェディング ザ・テラス バイ・ザ・シー
mail to

トップページハワイウェディングにお役立ち >ウェディング用語集:や行

ウェディング用語集Wedding Glossary

ウェディング用語集

分からない用語はここで解決して、ハワイ挙式当日を迎えましょう

ウェディングにまつわる用語のうちの、や行について解説します。

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行  

ウェディング用語 や

家内喜多留(やなぎだる)
結納品の一つです。日本酒を赤い漆塗りの樽に入れたもので「柳樽」とも書かれ、関東の酒肴料のことです。家内円満を願い「多くの喜びが溜まるように」との願いを込めて贈ります。現代では、お酒ではなく現金を包んで送るケースが増えています。
夜会巻き
まとめ髪のヘアスタイルの一つで、まとめ髪では最もポピュラーなものです。後ろに束ねた髪を巻きながらアップして、頭の上の方でピンなどを使って留めます。鹿鳴館などで行われていた夜会で流行したので、夜会巻きと呼ばれるようになりました。エレガントで知的な印象があり、女性らしいことから、ウェディングシーンでも定番の髪形です。また、和装、洋装、年齢を問わないことから、ウェディング以外にも多くのシーンで使われる髪形です。
焼き増し
プリントした写真を後から追加でプリントすることを指す用語です。ネガフィルムやポジフィルムが主流だったころに、「写真を焼く」と表現したことから、同じ写真を追加して焼くという表現で「焼き増し」と呼ばれるようになりました。焼き増しをするには、元となるデータやネガフィルムなどが必要です。しかし、写真スタジオなどで撮影すると、デジタルデータやネガフィルムなどが付いてこない場合が多く、それらを希望する場合は、別料金がかかる場合がほとんどです。元データやネガフィルムが必要な場合は、予め業者への確認が必要です。

ウェディング用語 ゆ

結納
婚礼行事の一つで、結婚の約束をする儀式です。「婚約式」とも言います。両家が結びつく事を祝い、贈り物を収め合うことから結納と言われるようになりました。男性側が結納品を贈り、女性側が返礼します。最近では、食事会などで簡略化するカップルがほとんどです。
結納金
結納品の一つで、結婚準備金として贈られる金銭のことです。「小袖料」「帯地料」「御帯料」などとも言います。一般的には、男性側から女性側へ送られますが、婿養子になる際には、女性側から送られ、「御袴料」と言います。金額は、新郎の月給2~3か月分が一般的です。返礼は約半額を贈ります。ただし、決められているものではないので、両家で話し合って決めることが理想的と言えます。
結納返し
結納品のお返しのことを指す用語です。現在は、結納の日に一緒に行ってしまうことが多くなっていますが、本来は、結納日から改めて後日に行うものです。結納返しは、頂いた結納品と同等か少し控えめの物を選び、緑や青系の和紙を用いて白木の上に載せて取り交わします。 結納金に関しては、一般的に関東では、「半返し」として頂いたものの半額相当を、関西では「御多芽返し」として頂いたものの1割程度を返します。地方によってしきたりが違いますので、それぞれの地域のしきたりや両家の話し合いで決めるといいでしょう。
結納飾り
結納の時に取り交わされる品物のこと。結納品と同じ意味を持ちます。「贈り物」「縁起物」「目録」の3つで構成されており、熨斗と縁起物を象った水引飾りを付けて、白木の献上台に乗せて取り交わされます。品目数は、奇数で揃えるのが一般的です。関東では九品目、関西では五品目など、地方によってしきたりが違いますので、結婚相手の地元のしきたりを調べるといいでしょう。
ユニティキャンドル
キリスト教挙式のウェディングセレモニーの一つです。教会の祭壇に3本のキャンドルを立て、初めに両端のキャンドルに両家のそれぞれの母親が火を灯します。新郎新婦はそれぞれをもらい火して、中央のキャンドルに火を灯します。母親から受け継いで、一つの火とすることで、親元からの自立と新しい家庭を築くという意味があります。聖書にある用語を現実化したものです。

ウェディング用語 よ

余興
披露宴やウェディングパーティー、二次会などで、ゲストが新郎新婦を祝福するために行う催し物のことです。ゲームや歌、スライドショーなど、個性豊かな演出をして新郎新婦へのお祝いを表現します。
四つ切り
写真の仕上がりサイズを指す用語です。記念写真などで多く使われるサイズで、印画紙を四分割しているために四つ切りと言います。横254mm×縦305 mmのサイズです。一般的な写真サイズ(L版)の6倍の大きさです。
4C
CARAT(重量)・CUT(全体的な形や研磨の仕上げ状態)・COLOR(色)・CLARITY(透明度)の頭文字をとったダイヤモンド独自の品質基準を表す用語です。ただし、58面体のラウンド・ブリリアントカットにされたダイヤモンドだけしか対象になりません。世界的な基準なので、4Cが同じダイヤモンド商品は同等品として扱われます。
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行