ウェディング用語集 な行/「ザ・テラス バイ・ザ・シー」で夢のハワイウェディング

ロイヤルカイラウェディング ザ・テラス バイ・ザ・シー
mail to

トップページハワイウェディングにお役立ち >ウェディング用語集:な行

ウェディング用語集Wedding Glossary

ウェディング用語集

分からない用語はここで解決して、ハワイ挙式当日を迎えましょう

ウェディングにまつわる用語のうちの、な行について解説します。

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行  

ウェディング用語 な

仲人(なこうど)
縁談で両家の間を取り持ち、結婚の準備を手伝う世話役のことで、媒酌人(ばいしゃくにん)と言うこともあります。最近では、仲人が取り持つようなお見合いが減少しているために、結婚式で媒酌を行うだけの仲人が多くなっています。また、仲人自体を立てることも少なくなっています。
長熨斗(ながのし)
結納品の一つ。アワビを蒸して伸ばしたもののことです。アワビは、不良長寿の象徴とされており、末永く幸せにという意味を込めて贈られます。神殿への御供え物としても使われることが多くあります。
長襦袢(ながじゅばん)
着物の下着の一つ。肌襦袢の上に着て、着物の汚れを取ると同時に、襟元から少し見せて、着物を美しく引き立てる役目をします。着物にこだわる方は、肌襦袢にも同じようにこだわり着こなしを楽しみます。
ナイトウェディング
夕方(17:00~18:00)からスタートする結婚式。平日でも呼びやすいことや昼間の時間をつぶさないなど、時間の合わない新郎新婦とゲストには有効です。また、装飾やライトアップなど昼間とは違うイメージのウェディングを演出出来ます。
なし婚(なしこん)
入籍だけで結婚式をしない結婚のこと。シンプル婚とも呼びます。
生ケーキ(なまけーき)
生のケーキのこと。 結婚式においては、披露宴のケーキカットセレモニーで使用されている生のウェディングケーキのことを指します。以前はケーキカットする部分のみが生で作られるものが多かったのですが、最近は、生ケーキを使用するのが主流です。
仲人業(なこうどぎょう)
仲を取り持って橋渡しをする職業のこと。 仲人の役割や式場を紹介することで、謝礼や紹介手数料を得る職業です。
名披露目(なびろめ)
東海地方の引出物の一つのこと。 新郎新婦の名前を記した熨斗をかけた箸セットやタオルなどの品物(1000~1500円相当)を贈るのが一般的です。

ウェディング用語 に

入籍(にゅうせき)
戸籍に籍を追加して入れること。一般的には、男性の戸籍に女性が籍を入れることが多いです。入籍をすると姓が変わり、正式に結婚したことになります。
荷入れ(にいれ)・荷出し(にだし)・荷送り(におくり)
結婚する女性が、新生活のために家財道具を新居に運び入れることを言います。その責任者である荷宰領(にさいりょう)が、荷目録という目録書を荷物と一緒に男性側に渡します。男性側は、目録を確認して、受書を女性側に渡します。 結婚式の2~3週間ほど前の吉日に行われるのが正式ですが、最近は行われないことが多くなりました。
二次会(にじかい)
会合や宴会などが終わった後に場所を変えて再び行う会合や宴会のこと。 結婚式においては、披露宴の後に友人などを招いて結婚披露パーティーを行うことを言います。一般的には、企画を新郎新婦が行い、会場の進行などや幹事などは友人にお願いする場合がほとんどです。食事はビュッフェスタイルで、会費制で行われることが多いです。
二部制パーティー(にぶせいぱーてぃー)
一日のうちに、同じ会場で披露宴を二回に分けて行うこと。 一般的には、ゲストを一部に親戚・会社関係中心、二部に友人中心と変えて行います。会場の規模とゲストの兼ね合いや披露宴の雰囲気を変えて行いたいなどの理由でこのスタイルを選択する方が増えてきました。

ウェディング用語 ぬ ね

ネックライン
洋服の襟ぐり周りの総称です。丸型やU字型、V字型、狭くすることや広くするなどの様々な形態のバリエーションがあります。それによって、顔や首周りの印象が変わってくるので好印象を与えるための洋服選びには重要な役割があります。 結婚式においては、首を長く見せることや小顔に見せる、背中や肩のラインが綺麗に見えるなど、試着することで、様々な観点から、ネックラインをチェックしてウェディングドレス選びをすると間違いありません。
ネイルチップ
付け爪のこと。薄い樹脂で作られた爪の形をしたもので、専用の接着剤やテープで自爪に貼って使用します。既にネイルアートが施されている既製品やオーダー品があり、自爪にネイルアートが出来ない方や手軽に雰囲気を変えたい方にはおすすめです。オーダー品の方が、自爪にフィットするので剥がれにくいことが多いです。

ウェディング用語 の

祝詞(のりと)
神様に奏上する言葉のことで、古体の文書で神職が唱える祝福する言葉です。 結婚式においては、神に結婚の報告をして、両家の繁栄と新郎新婦の幸福を願う祝詞が読み上げられます。
熨斗(のし)
祝儀袋や贈り物につける慶ことのみに使用する飾りのこと。 伸したアワビや昆布などを用いたもので、水引と包み紙の間に挟んで使用していました。現在は、熨斗紙として紙だけが残され、右上に印刷として飾られているものがほとんどです。
ノースリーブ
袖のない洋服のこと。 ウェディングドレスにはノースリーブのものが主流です。その分、ネックラインの形が豊富で、それぞれに違う印象を持たせてバリエーションをつけています。
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行